補聴器の種類とメーカー


外からの見た目では気づかれにくい小型の耳あな形から、ハイパワーな耳かけ形まで。ひと口にデジタル補聴器と言っても、さまざまな種類があります。また、耳かけ形の中には、多彩なカラーバリエーションがあります。


耳あなにすっきり収まる極小サイズ。外から見えにくく、
電話・帽子などの使用時におすすめです。


種類が豊富で適応範囲の広いタイプ。小さくあまり目立たず、安定感もありCICより扱いやすいのが特長です。


耳あなをすっぽりと覆う大きいタイプ。高出力をお求めの方向けです。


レシーバー(音の出る部分)が耳あなの中に入る、もっとも小さく、目立ちにくい耳かけ型。こもり感の少ないオープンフィットタイプも選べます。


種類が豊富で広範囲の聴力レベルに適応可能。扱いやすさも特長です。多彩なカラーケースも取り揃えています。


本体が大きい高出力タイプ。高度や重度難聴の方にも適応しています。カラーケースも取り揃えておりますので多彩なアレンジを楽しめます。


ワイデックス株式会社

フォナック・ジャパン株式会社

ジーエヌヒヤリング株式会社